~不動産事業実行型経営顧問とは~

クライアント毎の様々な課題解決を現場の実務まで踏み込んで
(共に悩み共に考え共に動く)行う顧問業

 

TFL株式会社

「月1回打ち合わせをしてアドバイスを貰って終わり」それで数十万円なんていうコンサル・顧問契約も珍しくないと思います。

アドバイスの内容は、聞いた瞬間は理解出来るが、実際に自社の現場の実務に落とし込んだ時にうまくいかなかったり、成果結果に結びつかないことが多いのは何故でしょうか? 

 

原則的な経営手法はあるとしても100社あったら100通りの経営があるように経営は生き物です。

そのため、どんなに良いアドバイスも再現することが難しいのは常です。

 

弊社では、アドバイスの内容の再現性に徹底的に拘り続けた結果、現場の実務まで踏み込み、成果結果に導く不動産事業実行型経営顧問にたどり着きました。

 

クライアントは不動産会社、一般企業、金融機関です。



企業理念

『金融と不動産に関わる全ての人々を笑顔に』

経営理念

1.「ヒト」のための不動産事業を支援

2. 未来を拓く資産運用戦略を提供する

3. 金融と不動産の堅実な懸け橋となる

TFL株式会社 社名の由来

To the Future and Loveble

~愛するものを未来へ~


TFLのコンサルティング

TFL株式会社のコンサルティング
TFL株式会社 事業内容
TFL株式会社 事業内容(不動産会社向け)
TFL株式会社 事業内容(一般企業向け)

TFL株式会社 会社概要
TFL株式会社 ブログ

ご挨拶

不動産事業に関わる金融業界との不正や施工不良等が大きな社会問題になりました。本来、資産運用等を通じて社会貢献できるはずの不動産事業が逆風に立たされているこの状況から、そこにある課題や解決方法を見い出すこと、金融と不動産の正常な関係性を構築することを使命として設立した会社でございます。

  

2年間、事業者の外部顧問として約20社ほどの財務を中心とした課題解決に取り組んで参りました。

その顧問先では資金調達だけではない様々な課題に直面しましたが、弊社の過去10年以上不動産に携わった経験、金融庁政策オープンラボ及び財務局主催の情報交換会などにも参加し、そこで得た金融知識でサポートをしております。

実行型顧問(共に悩み、共に考え、共に動く)として、不動産事業者の理念実現のために最大限支援して参ります。

  

金融機関内においても他業種に比べ、不動産(建築)業への貸出ポートフォリオの比率は高い傾向にあります。

取引先の不動産に関する課題解決のために、必要な現場での不動産リテラシー向上など、多様性を求められる金融機関様に向けた不動産コンサルティングサービスも行っております。

  

『金融と不動産に関わるすべての人々を笑顔にすること』が、地域社会の発展に繋がることを確信しております。これを実現することこそ弊社の責務とし、日々精進をする所存でございます。

  

TFL株式会社

代表取締役 氣田 浩司

TFL株式会社